本当に信頼できる人かどうか、これを見極める目を持つことが重要

今日は信頼の話、オカタイです。

 

本当に信頼できる人は、時間をかけて見つけるべし

私は人を徹底的に見ます。基本的にオープンな人間なので、誰とでも仲良くはします。基本的に礼儀がむちゃくちゃすぎる人やずうずうしい人とかでなければ、平等に扱います。

 

第一印象から瞬時にうさんくさい人だなとかこの人とは気が合わないかもしれないなということを皆様も判断されるかもしれませんが、私もそうです。特に最初の段階ではフィーリングを重視します。そして、本当に信頼に値するかどうかは時間をかけます。

信頼

これまでの人生で、いろいろなうさんくさい人にもあってきたし、騙されそうになったり、またもやビジネスでも話が違うことを言い出す人がいたり、いろいろな過酷な経験もしているので、なおさらそうです。

 

信頼できる人を見つけるのは時として難しい

でも、毎日懸命に生きていれば、懸命に生きていない人とすごく仲良くなったりすることはあまりないかと思います。似たものが集まるのは自然の摂理かとは思います。また、フィーリング段階でちょっとなぁと思っていても、それは誤解であり、本当は信頼できる人だったりもします。だから時として難しい。

 

信頼できる人からは何も期待するべきではない

私の話で言えば、ずいぶん年配の方ですが、今日は私の一人のビジネスパートナーと会いました。彼女に関していえば、その人のなりふるまいとかを観察したあと、親しくさせてもらっていました。この人は信頼できるなと思ってずっと接していました。私はずうずうしい人間は苦手ですし、私もずうずうしいことはしませんが、この人に関していえば、私の方からは何かしてくれなんてことは言っていませんが、自然と私の問題に対して、解決策を与えてくれました。問題解決です。

 

さらにいえば、私の方でも何かしてほしいな、なんてことを思っていない。これが重要かと思います。何かたくらみがあったりすれば、人間バカではないので、すぐわかります。そして、予想外のところから問題解決した時の喜びは、普段の何倍も大きいです。

 

時間はかかるが、素晴らしい信頼を築きたい

信頼関係というのを育てるのは時間がかかります。無理に作ろうと思ってできるものでもないと思います。本当に自然に、フィーリングも合い、私はあなたを信頼する、あなたは私を信頼する、という状態が自然と出来上がっていきます。このような関係は本当に素晴らしいと思います。

 

皆様も、お互い信頼関係にある人、いますか?ぜひ見つけてください。

 

P.S. このブログはニュース解説/評論に重点を置くため、人生論については別サイトで行うことにしました。

 

詳しくは下記をご参照ください。

posiking.com (ポジキングドットコム)について

スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェア!Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPin on PinterestEmail this to someone