[サクラ疑惑] TBS、やらせか?さくら疑惑。街の街頭インタビューは実はレポーターだった?偏向報道はよくない。テレビ局にとってのメリットは?ケントギルバード氏がTBSのあの事件に関して意見を述べたことについても。

さくら疑惑。

 

街の声の街頭インタビューされた人は実はレポーターだったか。さくら疑惑。

東京都の舛添要一知事の辞任を受け、TBSが6月15日夕の報道・情報番組「Nスタ」で、東京・JR新橋駅前で街頭インタビューした「20代女性」が、被災地・熊本をレポートしたピースボートの女性と酷似していることが16日、分かった。

6月16日の産経新聞の記事より。

 

写真はネットで出回ってます。6月16日の産経新聞の写真にも載ってるので、気になる方はご確認を。

 

というか、こういう写真見る限り、まぁ認めざるを得ないかと思います(笑)

 

 

街頭インタビューの内容=さくら?としての回答

上記産経新聞では、街頭インタビューされた女性は、下記のように回答しています。

女性はポスト舛添要一・東京都知事にふさわしい人物について問われ、「蓮舫さんとか女性にどんどん活躍してもらいたいという気持ちはありますね」と語った。

 

震災地でのレポーターとしても登場?

上記産経新聞によると、この女性はレポーターとして被災地に登場。

この女性は同じ「Nスタ」で、熊本地震後に熊本・益城町の避難所前にマイクを持って立ち、レポートしたピースボート災害ボランティアセンターのスタッフの女性と酷似していた。

 

ネットにはツワモノがいるものだ

今回は最初ネットで盛り上がったというもの。しかし発見者はよく見てますね。そして、ネットはいい点、悪い点、両方もってますけど、やっぱいい点として、悪いことは悪いと素直に言えることです。

 

TBSはなんというのだろうか

この騒動を受け、TBSのコメントが気になるところですが、今のところ、上記産経新聞によれば、

放送した内容についてのお問い合わせにはお答えしておりません

 

と答えているとのこと。

 

街頭インタビューがサクラならテレビ局にとっては楽

街頭インタビューがやらせでサクラだとすると、

  • 偏向報道が可能になる=回答を操作できる
  • わざわざ聞かないので、時間の節約とカネの節約になる

 

という2つの利点(視聴者にとっては悪いこと)があります。

 

今回は蓮舫さん押しのコメントをしているわけですから、そういった方向にもっていきたかった、ととらえられても仕方ないでしょう。しかし、服も変えずにそのまま出演するとは、脇が甘すぎますね。。。

 

 

テレビ報道と放送法の公開討論が行われたばかり

なお、本日は、テレビ報道と放送法の公開討論が行われており、ここでアツいバトルが繰り広げられていました。ここでは、テレビ局の偏向報道の話題などもでています。

 

ここでは、例えば、視聴者の会の話題。視聴者の会は、TBSが安保法の報道に際し、政治的公平性を求める放送法に違反することをした、として、スポンサーへ働きかけ、その後、TBSがこれを批判した、という例のあの事件です。この事件に関し、スポンサーへの働きかけは問題だとする人物の意見に対し、ケントギルバード氏が、

(スポンサーへの呼びかけも)国民の権利の一つで、最終手段かもしれないが、あってもいい」と主張

6月16日の産経新聞の記事より

 

このように、弁護士としての考えも述べていました。テレビの偏向報道はよくないですね。今後どうなっていくか、注目です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
同じカテゴリーの最近の記事[まさに天才商人だった] イケア創業者であるイングヴァル・カンプラード氏が死去。91歳。[ユー・ガット・メールを思い出す] クランベリーズのボーカル、ドロレス・オリオーダンが死去。宇宙飛行士のジョン・ヤング死去。87歳。宇宙にサンドイッチをこっそり持ち込んだツワモノ。