[世界最大級のフラワーパーク] オランダのキューケンホフ公園へ行ってきました。将来見に行きたい人のためにコツなど書きます。

オランダ訪問、特集記事。

 

マルチリンガル国際評論家のゆるい話=オランダ訪問編

第1回: [オランダで一番盛り上がるイベント] 4月27日、オランダのキングズデー(国王の日)に参加します。キングズデーとは

 

第2回: [世界最大級のフラワーパーク] オランダのキューケンホフ公園(チューリップ鑑賞)に行ってきます。キューケンホフ公園とは。

 

第3回: [オランダで一番アツい日] オランダのキングズデー(国王の日)に参加しました。将来参加したい人のためにコツなど書きます。 

 

第4回: [世界最大級のフラワーパーク] オランダのキューケンホフ公園へ行ってきました。将来見に行きたい人のためにコツなど書きます。

 
 
話の前提: オランダのキューケンホフ公園では700万もの球根花を楽しむことができる。
キューケンホフ公園とはいったい何か、事前準備編については、下記の記事をご覧ください
 
 
 
キューケンホフ公園を訪れる前に天気予報の確認はしたい
前回お伝えしたように、私はキューケンホフ公園をキングズデーの翌日に訪れる計画を立てました。
 
 
ただ、残念ながら、私がキューケンホフ公園を訪れる日は、数日前から雨の予報
 
 
滞在日数も決まっていたので、計画の変更はできず、こればかりは仕方がないと思ってました。
 
ただ、運よく、当日は出発前に運よく雨が止みました念のため、傘をばっちり携帯し、キューケンホフ公園へ出発。
 
 
キューケンホフ公園到着前の、バスからの風景にも注目
キューケンホフ公園への行き方はいろいろありますが、いずれの場合でも車で直接向かうか、バスを経由することになるかと思います
 
私の場合は、行きはアムステルダムから電車でLeidenまで行き、そこからバスでキューケンホフ公園まで行きました。
 
バスの中で外の風景を見ていると、時々美しいチューリップ畑を見ることができました。
 
 
 
キューケンホフ公園にあるチューリップはきれいに区画されたチューリップ。よって、キューケンホフ公園に行く前に、区画されていないこのようなチューリップ畑を楽しむのもいいと思います。
 
 
 
キューケンホフ公園の入り口もすごく美しい
キューケンホフ公園に到着。
 
入園前の入り口からいきなり美しいチューリップ
 
 
 
これは楽しめそうです。
 
 
キューケンホフ公園、入園したらいきなりものすごい風景
入園して目の前の風景がこれ。
 
 
 
圧巻です。
 
 
キューケンホフ公園はチューリップ中心にきれいに区画された700万もの球根花が楽しめる
メインはチューリップですが、チューリップ以外にもいろいろな球根花が楽しめます。
 
 
もう色鮮やかとしかいいようがない風景。
 
シンプルに素晴らしい。
 
 
 
おなじみのこのような風景も楽しめます。
 
 
 
思わず写真を撮りたくなります。
 
 きれいです。

スポンサーリンク

 
 
しかし、ショックな出来事が。
 
 
なんと入園後、30分足らずで、Iphoneの電源が切れてしまいました。
 
 
充電をフルにせず、入園前からずっとパチパチと写真を撮りまくってたのがあれだったでしょうか。
 
 
というわけで、残りの写真はオランダ人の知人に任せることに。
 
 
 

キューケンホフ公園では、コーヒーを飲んだり、アイスを食べたりできる。キューケンホフ公園のヨーグルトはうまかった。

園内では、コーヒーを飲んだり。アイスを食べたりできます。
 
 
私はヨーグルトを食べました。
 
 
このヨーグルト、想像以上にうまかったです。
 
 

キューケンホフ公園、最後にお土産コーナーに立ち寄る

なお、お土産コーナーがキューケンホフ公園に入園してすぐ右側にあります。

ちょうど帰り際に立ち寄ることができます。

 
最後に、キューケンホフ公園を楽しむコツをまとめてみましょう。
 
 
 
キューケンホフ公園を楽しむコツ1: ぜひとも天気がいい日に行きたい。折り畳み傘は必須。
私が滞在中は雨は降りませんでした。
 
 
室内で花を見る場所もあるので、雨が降ってもそういった場所に行けばいいかと思いますが、室内の花はメインではありません。
 
園内は広く、ほとんどが室外です。
 
 
やはり晴れの日に行き、太陽の下でいい記念写真を撮ることができればベストかなと思います。
 
滞在予定の変更ができる方は、絶対晴れの日に行かれることをおススメします。
 
なお、オランダではいきなりけっこう激しい雨が降ってきて驚かされることがあります。
 
 
天気予報に関わらず、折り畳み傘を常に携帯しておくことをおススメします。
 
 
 
 

キューケンホフ公園を楽しむコツ2: キューケンホフ公園到着前の風景にも注目

上記で書いたように、到着前のバスからの風景にも注目していただきたく思います。
 
 
 

キューケンホフ公園を楽しむコツ3: キングズデーの翌日に行っても問題がなかった。ただ、雨予報だったからかもしれない。

前回お伝えしたように、私はキングズデーの次の日にキューケンホフ公園に行く計画を立てました。
 
 
当初、キングズデーに行った人がキューケンホフ公園に流れてきて人が混みまくるかなと思いましたが、そこまで混んでなかったです。
 
 
ただ、天気予報が数日前から雨だったというのが影響していた可能性はかなりあると思います。
 
 
キューケンホフ公園を楽しむコツ4: スマホの充電をしておく、スマホの予備の充電を持っていってもいい。写真のスペースを確保しておく。
きれいな花がたくさんあるので、写真をたくさん撮ることになると思います。
 
 
高性能のカメラを持ってきている観光客も多く見かけましたが、最近ではスマホを使う人が多いかと思います。
 
 
スマホを使って写真を撮る人は、やはりスマホの充電はしっかりしておくか、予備の充電を持っていくぐらいのほうがいいかもしれません。
 
私はすぐ電源が切れてしまいましたし、オランダ人の知人も、帰り際には電源が切れてしまいました。
 
 
 
キューケンホフ公園を楽しむコツ5: お気に入りのチューリップを見つけたら、名前をチェック
各チューリップには、名札があります。
 
もし、お気に入りのチューリップを見つけたら、名前をしっかりチェックしておくべきでしょう。
 
 
キューケンホフ公園の園内は広いです。後に、さっき見たチューリップの名前を忘れてしまったとなっても、そのチューリップがどこにあるのかを思い出すのは至難の技です。
 
 
 
キューケンホフ公園を楽しむコツ6: ヨーグルトはうまかったので、一度お試しあれ
個人的には園内で食べたヨーグルトが想像していたよりうまかったです。
 
ヨーグルト好きの方は、ぜひお試しを。 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェア!Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPin on PinterestEmail this to someone
同じカテゴリーの最近の記事[オランダで一番アツい日] オランダのキングズデー(国王の日)に参加しました。将来参加したい人のためにポイントを整理します。[世界最大級のフラワーパーク] オランダのキューケンホフ公園(チューリップ鑑賞)に行ってきます。キューケンホフ公園とは。[オランダで一番盛り上がるイベント] 4月27日、オランダのキングズデー(国王の日)に参加します。キングズデーとは。