[IoTで先行するベンチャー企業ウフル、菱洋エレクと提携] 菱洋エレクトロがウフルとIoT事業で提携、そして、菱洋エレクはウフルに5億円出資へ。出資話、提携話、両方多いウフル。今後が楽しみなベンチャー。

今回は、菱洋エレクトロがクラウドサービスのウフルと提携するという話。

 

ウフルはIoTの技術で先行するベンチャー企業です。

 

後に書くように、でかい企業からの出資も多く受けており、提携話も非常に多くなっています

 

菱洋エレクトロはこのような有望ベンチャーに出資することで、長い目でみたらIoT分野でノウハウを学ぶことができるでしょう。

 

IoTという期待が高まる分野で勢いのあるウフルというベンチャー企業、今後の活躍がますます楽しみなところ。

 

 

菱洋エレクトロがウフルとIoT事業で提携、菱洋がウフルのIoTシステムを販売へ。提携に合わせ、菱洋はウフルに5億円出資。

25日の日経新聞によると、菱洋エレクトロはクラウドサービスのウフルと、IoT事業で提携するとのこと。ウフルが開発したIoTシステムを菱洋が販売するとのこと。

 

メーカーや鉄道、医療分野への利用を見込み、5年間で100億円の販売を目指すとのこと。提携に合わせて菱洋はウフルが実施する第三者割当増資を引き受けて5億円を出資するとのこと。

 

  • 半導体商社の菱洋エレクトロはクラウドサービスのウフル(東京・港、園田崇社長)と、あらゆるモノがネットにつながるIoT事業で提携する

  • ウフルが開発したIoTシステムを菱洋が販売する

  • メーカーや鉄道、医療分野への利用を見込み、5年間で100億円の販売を目指す

  • 提携に合わせて菱洋はウフルが実施する第三者割当増資を引き受けて5億円を出資する

 

 

ウフルは2006年設立で、IoT技術で先行しているベンチャー企業、クラウド上のシステム構築やビッグデータ解析など、様々な事業を行う。ウフルにはセールスフォース・ドットコム、三井物産、NEC子会社などが出資。セールスフォースはウルフに追加出資するほど、同社に期待。アーム・ホールディングスもウフルと提携、ウフルのIoTシステム「エネブラー」は人気。ちなみに、ウフルの園田崇社長は南カリフォルニア大学 (USC) 出身。

ウフルはIoT技術で先行しているベンチャー企業です。

 

設立は2006年

 

クラウド上のシステム構築やビッグデータ解析など、様々な事業を行っています。

 

そして、これまで出資してきたメンツを見れば、その実力、期待度が分かります

 

いったいどんな企業がこのベンチャーに出資してきたのか。

 

上記日経新聞によると、ウフルには米セールスフォース・ドットコムや三井物産、NEC子会社などが出資しているとのこと。

 

  • ウフルには米セールスフォース・ドットコムや三井物産、NEC子会社などが出資している

 

ちなみにですが、セールスフォースに関していえば、出資は1度だけでなく、さらに後に、追加出資もしています。

 

それだけ期待値が高いということです。

 

ウフルのIoTシステムで有名なのが、エネブラーです。

 

上記日経新聞によると、ウフルのIoTシステム「エネブラー」は、膨大なデータをモノなどの近くで分散処理するエッジコンピューティングの技術とクラウドを融合させたのが特徴とのこと。ソフトバンクグループ子会社の英半導体設計アーム・ホールディングスと提携し、同社のセキュリティー技術も導入しているとのこと。

 

  • ウフルのIoTシステム「エネブラー」は、膨大なデータをモノなどの近くで分散処理するエッジコンピューティングの技術とクラウドを融合させたのが特徴

  • ソフトバンクグループ子会社の英半導体設計アーム・ホールディングスと提携し、同社のセキュリティー技術も導入している

 

アームとも提携、けっこうでかい会社に関心を持たれるベンチャー企業だと分かります。

 

あと、豆知識ですが、ウフルの社長である園田崇社長は、米国の南カリフォルニア大学(USC)にて学んでいます。

 

というわけで、同じ大学つながりとしては、今後のさらなる躍進を応援したいと思っています。

 

最後に、今後、菱洋エレクトロとウルフがどう協業するのか、もう少し確認しておきましょう。

 

 

IoT技術で提携するウルフと菱洋エレクトロ、今後はIoTサービスを共同で開発する

上記日経新聞によると、ウフルのシステムと菱洋が持つ電子部品のノウハウを持ち寄って、IoTサービスを共同で開発するとのこと。事前の実証実験では自動車部品生産ラインの良品率を80%から95%に高めたり、品質検査の要員を半減できたりする効果が出たというとのこと。

 

  • ウフルのシステムと菱洋が持つ電子部品のノウハウを持ち寄って、IoTサービスを共同で開発する

  • 事前の実証実験では自動車部品生産ラインの良品率を80%から95%に高めたり、品質検査の要員を半減できたりする効果が出たという

 

菱洋エレクトロとウフルの提携のゆくえは。要注目です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェア!Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPin on PinterestEmail this to someone
同じカテゴリーの最近の記事[名古屋の製造業がベトナム企業買収するきっかけになるか] 東海東京がベトナム証券大手であるバオベト証券と提携。親会社はベトナム最大の金融グループで、特に保険で有名なバオベト・ホールディングス。ベトナム政府は多くの業種で外資からの出資制限撤廃の動きにも動き、外資マネーを呼び込みたい。[オリックスがじわじわと米国の住宅市場に攻め入っている] オリックスが米不動産ローン組成を手がけるランカスターポラード買収。高齢者住宅向けのローン組成など。オリックスは米国の住宅市場関連買収を進めている。[まぐまぐ利用者の急激な増加は難しい。頼みは既存の有料会員か] エボラブルアジアがメルマガ首位のまぐまぐを買収。一世を風靡したメルマガ、利用750万人とされているが、幽霊会員も存在するだろうし、Noteも台頭してきており、厳しい状況ではある。