[ボブ・コーカーという唯一の反対者について] 米上院・米税制法案に共和党内で唯一反対したボブ・コーカーは、財政タカ派、トランプ大統領に懐疑的。ただ、政界引退が決まっている男でもある。

ボブ・コーカー、なかなかおもしろい男だ。

 

今回注目したいのは、米上院で唯一法人税減税案に共和党内で反対した、ボブ・コーカーという議員について。

 

法人税減税案、盛り上がってますが、いい悪いは別としても、このボブ・コーカーが米上院、共和党内で唯一反対した男。今回は、ちょっと彼についてコメントしましょう。

 

 

米上院で税制改革法案可決。財政赤字拡大を恐れたボブ・コーカーが共和党内で唯一の反対票。

2日のBBCニュースによると、2日に米上院で、税制法案が賛成多数で可決されたとのこと。共和党内での唯一反対票を投じたのは、ボブ・コーカー議員とのこと。ボブ・コーカーは財政赤字拡大を懸念しているとのこと。

 

 

減税法案に反対したボブ・コーカーは、トランプ大統領を公然と批判できる人物だが、政界引退が決まっている。ボブ・コーカーはティラーソン氏擁護派で、トランプ大統領にはあまり好まれていないようだ。

さて、財政赤字よりも前に、このボブ・コーカー、いったいなんでおもしろいのか、この点について触れておきましょう。

 

ボブ・コーカーがおもしろいのは、そのトランプ大統領との関係がおもしろいのです。

 

ボブ・コーカーはトランプ大統領に懐疑的な議員です。共和党内で、公然とトランプ批判をしてしまう人物

 

もちろん、トランプ大統領のツイッターでの発言などについても、苦言を呈しています。

 

トランプ批判をした人物といえば、ティラーソン国務長官の発言が有名ですが(近く交代されるという噂があるとかないとか)、ボブ・コーカーはティラーソン擁護派でもあります。

 

私もそうですが、トランプ大統領のツイッターは本音ではおかしいと思ってる人がけっこういるでしょう。このあたりの本音をバシバシ責めるボブ・コーカーのような人物が、共和党内にいるのは、ある意味頼もしいことです。

 

ただ、ボブ・コーカーは、政界引退が決まっています。引退は、2019年。

 

引退が決まってるから、好きなことをいえるというのもあるのかもしれませんね。

 

トランプ氏批判、ティラーソン氏擁護、そんなこんなで、総じてボブ・コーカーはトランプ大統領にあまり好まれていない人物であるといえます。

 

とりあえず、トランプ大統領に抵抗してる姿は、見ていてなかなかおもしろいものがあります。

 

 

ボブ・コーカーの税制改革法案反対票、ボブ・コーカーは財政タカ派。税制改革法案で、連邦政府の赤字は10年で1兆4000億ドル拡大するという試算も。

ちなみに、ボブ・コーカーが法案に反対したのは、財政赤字を懸念してのことです。

 

ボブ・コーカーは、財政タカ派です。財政再建重視派というやつ。財政赤字増やすと、後でツケが回ってくるという点について懸念しています。

 

借金が多いとされている日本でも、こういう構図ってたまに聞くでしょう。消費税増税に絡んだ話とかの時に。

 

で、実際、このアメリカの減税案により、どれくらい財政赤字が増える可能性があるのでしょうか。

 

11月28日のロイターによると、議会の財政アナリストは、同案によって連邦政府の赤字が10年で1兆4000億ドル拡大するとみているとのこと。

 

  • 議会の財政アナリストは、同案によって連邦政府の赤字が10年で1兆4000億ドル拡大するとみている

 

とんでもない額なわけですが、そもそも忘れてはいけないのは、米国政府債務は既に20超ドルを超えているという点。

 

このままこの道を突き進むと、いったい米国はどこへ向かっていくのか。議論することはたくさんあります。

 

ボブ・コーカーの引退までの共和党内での発言に要注目です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェア!Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPin on PinterestEmail this to someone
同じカテゴリーの最近の記事[プーチン大統領に噛みつく男] ロシア野党指導者のアレクセイ・ナワリヌイ氏が大統領選ボイコットのためのデモ実施を表明。果たして1月28日にデモは行われるのか。[これが事実ならやばい] ドイツの大連立交渉は失敗し、メルケル首相が不出馬というシナリオをドイツ与党幹部が想定しているという非公式のコメント。ランメルト氏は何か言うのか。[ポルトガル出身者選出は、過去のEUとの決別ともとれる] ユーログループ議長(ユーロ圏議長)にポルトガルのセンテーノ財務相が選出される。