[ムニューシン財務長官の馬ふん事件] ムニューシン米財務長官宛ての不審物、爆発物処理班が出動も、馬のふんと判明。とんでもないクリスマスプレゼントだ。

これはすごいプレゼント

 

今回は、米国のムニューシン財務長官宅周辺で起こったとんでもない騒ぎの話。

 

これ、ただの「不審物」でなく、いちよう「クリスマスプレゼント」として送られている、というもミソ。

 

 

ムニューシン米財務長官の私邸近くで不審物が見つかり爆発物処理班が出動も、中身は馬のふんと判明

24日の時事通信が報じたところ、米メディアによると、カリフォルニア州ロサンゼルスにあるムニューシン米財務長官の私邸近くで23日、同長官に宛てられたとみられる不審物が見つかったとのこと。

 

これにより、警察当局の爆発物処理班が出動する騒ぎになったとのこと。不審物の中身は馬のふんで、警察はいたずらと判断しているとのこと。

 

  • 米メディアによると、カリフォルニア州ロサンゼルスにあるムニューシン米財務長官の私邸近くで23日、同長官に宛てられたとみられる不審物が見つかり、警察当局の爆発物処理班が出動する騒ぎになった

  • 中身は馬のふんで、警察はいたずらと判断している

 

爆発物かと思って、爆発物処理班がやってきた、と。

 

で、慎重に箱を開けてみたところ、中身は「馬のふん」。

 

これ、想像してみると、すごい状況ですよね(笑)。

 

あと、今回の不審物、これはいちよう「クリスマスプレゼント」であるというのも、もう一つのポイント。それが下記。

 

 

ムニューシン財務長官宅近くで発見された馬ふんは、きちんとクリスマスプレゼント風に包装されていた「クリスマスプレゼント」。しかも、馬ふんの状態はとてもよい状態。

まず、今回の「不審物」ですが、どのように発見されたのでしょうか。

 

上記時事通信によると、報道によれば、高級住宅地ベルエアにあるムニューシン氏の私邸近くで、包装された不審な箱があるのを隣人が発見、警察に通報したとのこと。

 

  • 報道によれば、高級住宅地ベルエアにあるムニューシン氏の私邸近くで、包装された不審な箱があるのを隣人が発見、警察に通報した

 

というわけで、包装された不審な箱が発見された、と。

 

ちなみに、もう少し詳細な情報が24日のnydailynewsに出てますが、この「包装された」という部分ですが、これはクリスマスプレゼントとして包装されていると分かります。

 

要するに、これは「クリスマスプレゼント」として届けられたという設定になります。

 

いたずら犯は、ムニューシン財務長官に、馬のふんをクリスマスプレゼントしたわけです。

 

しかも。

 

上記nydailynewsによると、この馬ふんは「大変よい状態」だったとしています。

 

大変よい状態の馬ふん(笑)。

 

で、いたずら犯は何が目的だったのか、そして、なぜムニューシン財務長官だったのか。それが下記。

 

 

ムニューシン財務長官馬ふん事件、差出人は「アメリカ国民」。ムニューシン財務長官宛てだったのは、税制改革に対する批判からか。

上記時事通信によると、差出人は「アメリカ国民」と書かれており、ふんとともに同氏を非難するメッセージが入っていたというとのこと。

 

ムニューシン氏は、トランプ政権の税制改革を主導。ただ減税策は「金持ち優遇」との批判が絶えないとのこと。

 

  • 報道によれば、高級住宅地ベルエアにあるムニューシン氏の私邸近くで、包装された不審な箱があるのを隣人が発見、警察に通報した。差出人は「アメリカ国民」と書かれており、ふんとともに同氏を非難するメッセージが入っていたという

  • ムニューシン氏は、トランプ政権の税制改革を主導。ただ減税策は「金持ち優遇」との批判が絶えない

 

トランプ大統領の税制改革を支持してきたのがムニューシン氏です。

 

政権内でも意見が分かれる時も、ムニューシン氏の意見が優先されることがあり、まさに税制改革の主導者といえます。

 

そんな同氏に対しての馬ふんメッセージ。

 

本人はどう感じているのか、そして、税制改革は今後、どのような結果をもたらすのか。要注目です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェア!Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPin on PinterestEmail this to someone
同じカテゴリーの最近の記事[ユー・ガット・メールを思い出す] クランベリーズのボーカル、ドロレス・オリオーダンが死去。宇宙飛行士のジョン・ヤング死去。87歳。宇宙にサンドイッチをこっそり持ち込んだツワモノ。[バリ島から米国人受刑者脱獄、あの刑務所] インドネシア・バリ島の刑務所からの脱獄、クロボカン刑務所はこの前脱獄劇があったばかり。