フランス対ルーマニアの結果速報をしちゃいます。

 

国外より100万人が観戦に来るといわれているユーロ2016 (サッカー欧州選手権、フランスサッカー選手権)が開催されました。注目の初日、開催国であるフランスは、ルーマニアと対戦。

 

世界的に有名なスター選手のいない、ルーマニア。格上のフランスとどのように勝負するか、見ものでした。ルーマニア側では、私が注目選手としてあげていたのが背番号10のスタンチュ選手。試合開始前には、ルーマニアの注目選手、スタンチュ選手について、書きました。それがこちら。

ユーロ2016初日、開催国であるフランス対ルーマニア戦がまもなく始まる。注目のルーマニア人、スタンチュ選手について語る。

 

試合は、フランスが以外にもルーマニアに苦しみ、なかなか点がとれない攻防が続きました。想像以上にルーマニアのディフェンスが固かった。ただ、個人個人で見ると、明らかにフランスの選手の動きが速い。それでもルーマニアが粘る。

 

均衡を破ったのが、前半57分、フランスのジルー選手。先制点。ルーマニア、気を抜かずにゲームを続けられるか?

 

ところがルーマニアは、このゴールされた後、一気に攻め立てます。私が注目選手としていたスタンテュ選手が、ゴール前までいき、これはいけるか?!といった状況の中、ファウルで倒れました。これでルーマニアはペナルティーキックを得ることに。ペナルティーキックを蹴るのは、スタンテュ選手に似た名前のスタント選手。スタント選手が、普通にこれをゴール。これで1対1!

 

このとき、ルーマニアの街は一気に盛り上がりました。それはそうでしょう。格上のフランス相手に同点ですから。

 

なんとなんと、その後もルーマニアは粘りに粘りました。これはもしや、いけるかも?そんな雰囲気がただよってきました。時間を見ると、89分。あと一分で終了か。頑張ってるなぁ。

 

しかーーーし。89分。ここでボールを持ったフランスのディミトリペイェ選手が、とんでもなく速いシュートを放ちました。けっこうな距離があるところから。これがゴール。これが決勝点に。

 

なんだあのシュート(笑)あんなの防ぎようがない(笑)ディミトリペイェ選手やばすぎるでしょう。これが世界のレベルか(笑)こりゃルーマニアは勝てない。ぜひ皆様もダイジェストか何かありましたら、見てみてください。しかも、89分にこんなゴールとは。あまりにも華のある劇的な展開でした。主催国であるフランス、最後の最後で格の違いを見せつけてくれました。

 

ルーマニアのメディアの報道としては、惜しかったが、総じてフランスは強すぎるで次回こそはがんばろうぜ、といった感じでした。

 

以上、フランス応援団の皆さま、おめでとうございます!

 

なお、再度注意喚起となりますが、以前、ユーロ2016がテロの標的になる危険性について書きました。まだ読んでおられない方は一読して警戒していただきたく思います。

要注意ニュース サッカー欧州選手権がテロの標的になる可能性が高い!英外務省が警告。何が起こっているのか、これまでの事のいきさつをまとめてみる。

にて、ユーロ2016開催中のテロの可能性を書いてあります。見に行かれる方は、十分警戒の方、お願いいたします。それではまた!

 

追記: なお、この後、ルーマニア人選手とコーチの試合後感想インタビューがルーマニア語で行われました。せっかくですので、私が翻訳しておきました。フランスコーチの試合後コメントも書いておきました。

ユーロ2016: フランス対ルーマニア、フランスに敗れたルーマニア選手の試合後のコメント、感想を、せっかくだから私が翻訳してみることに。フランスのコーチから見たルーマニア人選手についての試合後コメントも。

をご覧ください。

スポンサーリンク